×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

瞑想 の 危険

瞑想の危険を説いているものは意外に少ないのです。瞑想の効果は、非常に大きくやり方さえ間違えなければ、得るものは沢山あるのですが、呼吸法や集中方法を間違えると危険なのです。瞑想の危険を知っていますか?

スポンサード リンク

瞑想 の 危険

瞑想の危険を大きく取り扱う人が少ないのは、

瞑想をビジネスにしている人が多いからです。

瞑想の危険を大きく取り扱えば、

瞑想教室、メディテーション教室に通う人が減るからです。

でも、瞑想の危険をしっかり理解しておかないと、

後で取り返しのないことになるのです。

瞑想で、一番危険なのは、

精神的に障害が現れることです。

有名なところでは、お告げのようなものが聞こえることです。

これは、禅宗でも注意していることなのですが、

ある程度、瞑想が深くなると場合によっては、

声のようなものが聞こえることがあるのです。

でも、これは、本当の神の声ではなく、

錯覚なのです。

この状態が続くと場合によっては、

精神分裂になってしまうのです。

このことについて、いろいろな意見があり、

もともと精神に病気を持っていた人が、

瞑想により、その病気が表に表れるだけということなのですが、

では、自分にそのような病気があるかどうかは、

わからないと思うのです。

次に、危険なのは呼吸方法です。

自然呼吸で瞑想をする分は問題ないのですが、

ヨガなどの特殊な呼吸法をいきなりすると、

過呼吸になったり、

息を長時間止めたりすることで、

気管支炎になったり、肺をいためたりするのです。

もちろん、きちっと学んだマスターについて、

指導を受ければ問題ないのですが、

本当のマスターは、以外に少ないのです。

瞑想を習うのであれば、

危険についてもきちっと話してくれるマスターを、

選ぶことが非常に重要なのです。