×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヨガ の 瞑想法

ヨガの瞑想法というと、足を組んで黙想するという形を、多くの人は、イメージすると思うのですが、実は、ヨガの瞑想法は、ハタヨガといわれる、一見、柔軟運動のように思われているヨガのポーズをとり、各チャクラに意識を集めるところにあるのです。

スポンサード リンク

ヨガ の 瞑想法

ヨガの瞑想法というと、足を組んで黙想するという形を、

多くの人は、イメージすると思うのですが、

実は、ヨガの瞑想法は、ハタヨガといわれる、

一見、柔軟運動のように思われているヨガのポーズをとり、

各チャクラに意識を集めるところにあるのです。

ヨガの一つの目的は、輪廻という生まれ変わりから、

解脱するところにあります。

これが俗に言う悟りというものなのです。

でも、ヨガというと、足を組んで呼吸法をし、

瞑想することで解脱するものと多くに人は謝って、

理解しているのです。

確かに、金剛座を組み、呼吸を整え瞑想する方法もありますが、

それらは、ヨガの瞑想法の一部なのです。

ヨガは、ハタヨガをすることで身体のゆがみをなおし、

各チャクラに少し力が加わるようなポーズで、

呼吸法をすることによりチャクラを活性化させ、

クンダリーニという、尾てい骨に潜んでいるエネルギーを、

頭頂部まで昇らせ、チャクラの活性化により、

解脱しようとするものなのです。

そのため、各チャクラに対応するハタヨガのポーズがあり、

それにあわせる、呼吸法と、マントラとイメージがあります。

これらをすべて活用して最後にクンダリーニをめざめさせるのです。

そのため、ヨガの瞑想法を続けると、

その過程で、超能力が目覚めることがあります。

多くのヨギも、超能力が目覚めたことで、

悟りを開いた気になりますが、

実は、瞑想で超能力を得ることも、悟りを得るための過程であり、

底を越えることで悟りを得ることが出来るといわれています。

ヨガの瞑想法は本当に奥が深いのです。