×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

瞑想 の 入門

瞑想の入門としてのやり方について少し、紹介してみましょう。瞑想の入門といっても十分効果がある方法なのですが、意外と知っていいる人は少ないのです。瞑想の入門としては、まずは、集中と緩和です。

スポンサード リンク

瞑想 の 入門

瞑想の入門としてのやり方について少し、紹介してみましょう。

瞑想の入門といっても十分効果がある方法なのですが、

意外と知っていいる人は少ないのです。

瞑想の入門としては、まずは、集中と緩和です。

まずは、集中法について紹介します。

瞑想の入門の集中方法は、いすに座り、

目の高さの壁に押しピンを刺し、それに集中するとです。

凄く簡単な方法なのですが、押しピンに意識が集中してくると、

いきなり押しピンが大きくなってきます。

この集中方法は、弓道や射撃の選手も形をかえて、

トレーニングに取り入れています。

特に弓道では、小豆を紐につるし、それを眺めていると、

やがて大きな的ぐらいになると言われ、

そうなると、実際の的を狙ってもはずすことがないといわれています。

瞑想の入門の集中法が出来ると、次は緩和を覚えてもらいます。

実は、瞑想は集中と緩和の二つが対となっているのです。

瞑想の入門としての緩和方法は、

横になり、両手を身体から少し離し、手のひらを上に向けるようにします。

その状態で手に意識を集めます。

そうなるとやがて手のひらが熱くなるのです。

これをマスターすると、温度を下げることもできるようになります。

集中した後に、この緩和法をすると、

すごくリラックスできるようになるのです。

この二つをあわせて瞑想法とするのです。

多くの人は、瞑想と言うと集中にばかり意識が行きますが、

実は緩和があってこそはじめて成り立つのです。

以上の方法が瞑想の入門として紹介したいと思います。