×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

瞑想 の 効果

瞑想の効果は、いいものと悪いものがあるのですが、瞑想の効果のいいものは色々と書かれているのですが、悪いことはあまりかかれていないのです。瞑想の効果が一番わかるのは、心が落ち着くことです。

スポンサード リンク

瞑想 の 効果

瞑想の効果は、いいものと悪いものがあるのですが、

瞑想の効果のいいものは色々と書かれているのですが、

悪いことはあまりかかれていないのです。

瞑想の効果が一番わかるのは、心が落ち着くことです。

呼吸が乱れたり、精神が安定しない場合、瞑想をすると、

呼吸が落ち着き脈拍の乱れも無くなり、

やがて、心が安定してきます。

さらに、瞑想を深めていくと、頭に何も浮かばなくなり、

時間を感じなくなるのです。

その反面。瞑想を深めていくことは、集中力を深めていくことで、

精神的に不安定な人や病気がある人が瞑想を行うと、

始めは効果があってもやがて精神が不安定になり、

異常をきたすことになりかねないのです。

このようなことがあるために、

普通は、瞑想をするときには監視をしてくれる人を必要とするのです。

でも、最近では、心を落ち着かせるというよりも、

自己実現や願望達成のために、瞑想の効果を求めることが、

非常に多くなりました。

確かに、瞑想を行うと、潜在意識にアクセスしやすくなうという、

効果が見られるのですが、

やり方しだいでは、上記にも書いたように瞑想の効果を求めるあまり、

精神に異常をきたす人も現れるのです。

これは、昔から狐つきや悪魔つきとも言われていることあのですが、

瞑想をすると憑依されやすいというのは、

実は、科学的に見ても、このようなことがあるからなのです。

でも、単に瞑想に願望実現の効果を求めるのであれば、

瞑想まで行かなくても、簡単な意識集中で、

十分な効果を得られるのです。

本格的に瞑想の効果を求めるのであれば、

必ず、マスターがいりますが、

願望実現を瞑想に求めるのであれば、

呼吸に意識を合わせ、ビジョン化するだけで効果があるのです。