×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

座禅 と 瞑想

座禅と瞑想を同じものと勘違いしている人がいますが、実は、座禅も瞑想の種類の一つに過ぎないのです。座禅は、ヨガの中から瞑想に特化したものと考えられています。

スポンサード リンク

座禅 と 瞑想

座禅と瞑想を同じものと勘違いしている人がいますが、

実は、座禅も瞑想の種類の一つに過ぎないのです。

座禅は、ヨガの中から瞑想に特化したものと考えられています。

ただ座ることにより、煩悩から脱却することを、

目的として捕らえていることが多いのですが、

ヨガの世界から見ると、座禅で高僧と言われる人が凄いのは、

実は、チャクラが開花したからと言うことで説明ができるのです。

ただ、座禅は瞑想に特化しているだけあり、

他の手法に比べその手法や、途中の過程について、

詳しく書かれた書物が数多く存在しています。

ただし、座禅のみでチャクラを開花させるのには、

多くの時間と努力が必要とされていたのですが、

最近では、ヨガの手法を取り入れているものも見かけるようになりました。

とくに日本では、座禅が中国から輸入させると、武士を中心に、

その教義が広く伝えられ、一休さんなど高僧を通し、

日本では普通に取り入れられる瞑想として、

生活に密着するようになりました。

この際、座禅の瞑想で得られる心を静めると言う効果が、

広く広がり、瞑想までも行かなくても試合などの前に、

黙想と言う形で、プチ禅が取り入れられたのです。

ただし、座禅も瞑想の一部であり、

きちっとした指導者がいないと、その修行の過程で、

魔に教われるといわれています。

これは、現在の医学では、心理的な秒沖を引き起こすことといわれ、

もともと持っていた真理的な病が目を覚ますこともあるのです。

座禅で瞑想を始めるのもいいですが、

出来れば指導者について学ぶのがいいと思います。